奈良漢方モノコト市で薬草オリジナル商品を販売

漢方モノコト市

松田商店は、2022年3月4日~3月6日に実施される、奈良漢方モノコト市に出展し、薬草や漢方にまつわるオリジナル商品の販売を行います。

3/4(金)3/5(土)3/6(日)
漢方のモノコトに楽しく出会う、3日間の祭典!

実は奈良は、漢方とゆかりの深い地であることをご存じでしょうか?
漢方薬は、5世紀にまず朝鮮半島から大和(現在の奈良県)に伝わり、7世紀には、遣隋使・遣唐使によって中国からも伝わるようになったと考えられています。日本書紀によると、611年5月5日、推古天皇が最古の「薬狩り」を現在の奈良県宇陀市で行いました。薬狩りとは薬の原料の野草などを集めることです。
これが由来となり、5月5日は「くすりの日」と定められています。
そんな漢方伝来の地・奈良で、漢方のモノコトに楽しく出会う3日間の市を開催します。
漢方にまつわる材料を使った食品・雑貨などのモノ。漢方を身近に感じさせてくれる、本・トーク・ワークショップなどのコト。これも漢方、あれも漢方。苦いイメージだけではない、いろんな「漢方」に出会う中で、明日の暮らしにちょっとよいヒントが見つかるかもしれません。ぜひこの機会を、お楽しみください。

出品製品

・YAMATO HERB COFFEE

・天然蒸留水(アロマウォーター/フローラルウォーター)

・天然入浴用ハーブ

詳細は下記URLをご確認ください。

商品 - 松田商店 (matsudastore.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。