「松田商店とハーブコーヒー」

松田商店の歩み

 

奈良県奈良市橋本町 “猿沢商店街” にて “松田商店” (おみやげもの店)として1940 年から長年に渡り営んできました。

 

当初から奈良公園や東大寺大仏殿、興福寺など観光スポットのおひざ元でもあったので、修学旅行生や観光客で人気のあった商店街でした。

現在も昔の面影を残しつつ存続されています。


長年継承してきた松田商店でしたが観光客減少や後継者問題により、2010年から当店は一旦ピリオドを打つことになります。

 

その一方で、生まれ育った奈良のこの地で、再び奈良のより良いモノを販売することで、奈良をもっと元気にしたいと思っていました。

地域のお役に立ちたいという想いと大和当帰葉との出会い

 

人口減少・後継者不足、そのような奈良県の環境を捉え、後世に残したい奈良県の地域資源を探し始めていました。

 

その中でたくさんのより良いモノと出会いましたが、中でも心を打たれたのは、栄養価の高い奈良県産和ハーブの大和当帰葉でした。

コーヒとハーブの組み合わせ

 

大和当帰は、根が古くから漢方薬に使われており、その葉も栄養価が高く近年注目されています。

 

東洋医学の観点では、大和当帰は身体を温める陽の食べ物なのに対し、(私は無類のコーヒー好きですが、)コーヒーは身体を冷ます陰の飲み物でした。

 

2つをブレンドすることで、より健康的な飲料になるのではと思い、ハーブコーヒーの開発に至りました。

YAMATO HERB COFFEEの発売

 

開発を思い立ってから、お客様に自信を持って提供できるように、多くの時間をかけて開発しました。

 

 ・ブレンドするハーブの種類・量

 ・ハーブの香りを立たせるコーヒー豆

 ・そのコーヒー豆の焙煎の度合い 等

 

そして数年後、味覚やクオリティーに満足のできる、「YAMATO HERB COFFEE」が誕生いたしました。

 

現在では多くのお客様に、後味が良く、香り高いコーヒーとして評価されご愛飲いただいております。

 

冬は底冷えのする奈良県の農家さんにも身体が温まるとしてご好評いただいております。

松田商店の復活

 

こうして2019年に開発し誕生した「YAMATO HERB COFFEE」を

松田商店の名を継承して、卸売りをメインに、製造・販売を手掛けることとなりました。

 

現在は奈良県の各お土産物店や商業施設などで小売販売をしていただいております。

 

少しでも多くの方々に奈良県を知って頂き、そして好きになってもらえるよう、微力ではありますが今後も努力し活動を続けて参ります。